鶴見俊輔 家族

鶴見俊輔(哲学者)家系図・家族・子供



曽祖父:安場保和(政治家。明治維新に功があり、華族に列して男爵)
祖父:後藤新平(満鉄初代総裁。外務大臣。東京市第7代市長)
父親:鶴見祐輔(官僚・政治家・著述家、衆議院議員、参議院議員)

姉:鶴見和子(社会学者。上智大学名誉教授)
妻:横山貞子(英文学者・翻訳家)
息子:鶴見太郎(歴史学者。専攻日本近現代史。早稲田大学文学部教授)


■リベラルな立場で幅広い批評活動を展開し、戦後の思想・文化界に大きな影響力を持った評論家で哲学者

■2015年、93歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


鶴見俊輔(つるみ・しゅんすけ)略歴・経歴(プロフィール)
【1922年~2015年】日本の哲学者、評論家、政治運動家、大衆文化研究者。東京市麻布区(現・東京都港区)に生まれる。著書に大佛次郎賞受賞の「戦時期日本の精神史」、日本推理作家協会賞の「夢野久作」のほか、「漫画の戦後思想」「限界芸術論」「アメリカ哲学」「柳宗悦」など。「鶴見俊輔集」正・続全17巻にまとめられている
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる