入船亭扇橋 家族

入船亭扇橋(9代目・落語家)家系図・家族・子供


長男:橋本圭司


■古典落語を得意とする実力派として活躍した。落語協会で理事、相談役を歴任。桂米朝さんらが集った「東京やなぎ句会」の宗匠でもあった

■銀幕の世界でも活躍し、1982年に文化庁芸術祭大賞、1983年に芸術選奨新人賞を受賞している

■2015年7月10日、呼吸不全のため84歳で亡くなる


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


9代目入船亭扇橋(いりふねてい・せんきょう)略歴・経歴(プロフィール)
【1931年~2015年】日本の落語家。本名は橋本光永(はしもと・みつなが)。当代屈指の古典落語の実力派として評価が高く、長らく主要ホール落語会や寄席の主任の常連であった。抑揚を抑え淡々とした語り口からの人物・場面描写にすぐれ、人情噺を中心に真価を発揮した。東京都青梅市出身。埼玉県立飯能高等学校中退後、職を転々
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる