FC2ブログ

根津嘉一郎 家族

根津嘉一郎(東武グループ創業者)家系・家族・子孫



父:嘉市郎(農業の傍ら、菜種油の製造や雑穀の売買、質屋を兼業)
母:きみ
兄:一秀
妻:久良(旗本、村上家の6女。父・知彰が維新後、新政府の大蔵省に出仕)
長男:藤太郎(根津財閥の2代目総帥。2代目嘉一郎を名乗り、東武鉄道の経営を引き継ぐ)
孫:根津公一(東武百貨店社長、会長を歴任。父は2代目根津嘉一郎)
孫:根津嘉澄(東武鉄道社長。東大卒。父は2代目根津嘉一郎)


※次男として生まれたが兄・一秀の死により、家督を相続した。


参考文献
『東武王国 小説根津嘉一郎(著者:若山三郎』
『持丸長者戦後復興篇(著者:広瀬隆)』


関連サイト
根津嘉一郎語録 http://bit.ly/PIeWgj


根津嘉一郎(ねづ・かいちろう)略歴
万延元年~昭和15年(1860年~1940年)東武グループ創業者。衆議院議員(4期)、貴族院議員を務める。東武鉄道や南海鉄道(現・南海電気鉄道)など日本国内の多くの鉄道敷設や再建事業に関わり「鉄道王」と呼ばれた。教育事業も手がけ、旧制武蔵高等学校(現・武蔵中学校・高等学校)を創立。現・山梨県山梨市生まれ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる