相馬哲平 子孫

相馬哲平(豪商)家系図・家族・子供


父親:相馬熊次郎


■相馬熊次郎の次男として生まれる

■新潟から北海道にわたり、米穀商、海陸産物の売買、土地の買取、金融などにたずさわり、大正元年函館貯蓄銀行、後に百十三銀行の頭取となり、財を成した

■相馬家の資産額は昭和8(1933)年に3000万円で、山形の本間家、宮城の斎藤家と比肩しうる第1次産業と金貸しを基盤とした地方財閥となった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


相馬哲平(そうま・てっぺい)略歴・経歴(プロフィール)
【1833年~1921年】明治、大正時代の豪商、実業家。明治期の北海道有数の地方財閥の創設者。新発田藩(新潟県北蒲原郡中条町)に生まれる。1861年に北海道箱館へ渡り米穀業をのちに漁業の仕込み、海産物の売買、土地所有、金貸しなどを手広く営み蓄財した。この間百十三国立銀行、函館銀行、函館貯蓄銀行の設立に加わり重役となる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる