FC2ブログ

谷川俊太郎 家族

谷川俊太郎(詩人)家系・子共・子孫



父:谷川徹三(日本の哲学者、法政大学総長などを歴任)
一人目の妻:岸田衿子(詩人・童話作家)(1954年 - 1955年)
二人目の妻:大久保知子(元新劇女優)(1957年 - 1989年)
三人目の妻:佐野洋子(作家、エッセイスト、絵本作家)(1990年 - 1996年)
息子:谷川賢作(作曲家・ピアニスト)。母親は大久保知子。
孫:谷川夢佳(スタイリスト)。父親は谷川賢作


※小説家でタレントの阿川佐和子は遠い親戚


関連サイト
谷川俊太郎語録 http://bit.ly/1jDKxvr


谷川俊太郎(たにかわ・しゅんたろう)略歴
日本の詩人、翻訳家、絵本作家、脚本家。1931年12月15日、東京の現・杉並区で生まれる。東京都立豊多摩高等学校卒。代表作『二十億光年の孤独』(1952年)。『世間知ラズ』(1993年)など。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる