桂文枝 家族

6代目桂文枝(落語家)家系図・家族・子供



祖父:靜衛(日露戦争の奉天会戦に参加。大阪で薬問屋を開業)
父親:清三(野村銀行(現・りそな銀行)に勤務)

妻:高橋真由美(タレント)
子供:1男1女


■河村家の先祖は武家の出で菩提寺は岐阜県本巣市の善永寺にある

■長年親しまれた桂三枝の名前に別れを告げて、大名跡を襲名

■2011年 第62回NHK放送文化賞受賞

■2012年5月に『日本経済新聞』に「私の履歴書」を執筆する

■2015年 旭日小綬章受章


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


六代桂文枝(かつら・ぶんし)略歴・経歴(プロフィール)
日本の落語家、タレント、司会者、社団法人上方落語協会会長。西川きよし、笑福亭仁鶴と並び、吉本興業の三巨頭と称されている。上方落語の名跡『桂文枝』の当代で、前名は桂三枝(かつら・さんし)。本名は河村静也(かわむら・しずや)。1943年7月16日生まれ。大阪府出身。関西大学商学部中途退学
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる