大河内正敏 子孫

大河内正敏(理研コンツェルン創設者)家族・子供



実父:大河内正質(幕末の上総国大多喜藩の第9代(最後)の藩主)
妻:一子(旧吉田藩主大河内信好の妹)

次男:大河内信敬(画家)
孫:河内桃子(女優。父親は信敬)


■旧大多喜藩主・大河内正質の長男として生まれる

■旧吉田藩主大河内信好の妹、一子と結婚。養嗣子として入籍した

■日本史上たぐいまれな頭脳集団、理化学研究所を終戦まで率いた。研究成果を次々に企業化し、ベンチャー企業群「理研コンツェルン」を築いた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
大河内正敏語録http://p.tl/qcMb


大河内正敏(おおこうち・まさとし)略歴
【1878年~1952年】物理学者、実業家。貴族院議員。上総大多喜藩主で、子爵大河内正質の長男として東京浜松町に生まれた。東大卒業後、ドイツなどに留学。のちに理化学研究所所長に就任。長岡半太郎など優秀な所員を抱えて数多くの発見・発明をして工業技術に貢献、理研コンツェルンを創立する
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる