岡田啓介 子孫

岡田啓介(内閣総理大臣)家系図・家族・子孫



父親:岡田喜藤太(福井藩士)
母親:はる
妹がいる。妹の夫は松尾伝蔵(陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐)

先妻:岡田英(先立たれる)
後妻:岡田郁(先立たれる)

長男:岡田貞外茂(さだとも)。戦死した


■1868年、福井藩士・岡田喜藤太と妻はるの長男として生まれた

■私腹を肥やすようなことは全く無く、生涯を清貧で通した人物であった。総理大臣就任の日に組閣費用が底を尽いてしまい、官邸に集う記者たちに振舞う酒が買えず「これで君たちの好きな酒を冷やしてくれ」と氷だけを配ったというエピソードがある

■また、岡田が就任時に着用したシルクハットも借り物で、服もほとんど所有していないほどの貧乏だった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
岡田啓介語録http://bit.ly/AiY2YN


岡田啓介(おかだ・けいすけ)略歴
【1868年~1952年】内閣総理大臣(第31代)、海軍大将、政治家。福井藩士の長男として生まれる。現・福井県福井市出身。海軍大学校卒。職業軍人として、日清、日露の両戦争に従軍し、大正13年、海軍大将に昇進、その2年後には連合艦隊指令長官に就任。海軍大臣、首相などを歴任。国内で軍国主義が台頭する中で、昭和11年2月、2.26事件に遭遇したが、秘書官の松尾伝蔵大佐が身代わりとなって死亡し、岡田首相は危うく難を逃れた。その後太平洋戦争の末期には、和平工作に尽力した。84歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる