井川伊勢吉(大王製紙創業家)

井川伊勢吉(大王製紙創業者)家族・子孫



父:先代伊勢吉(クズ紙原料商)
母:ヒデ

妻:井川みゆき

子供は8人
長男:高雄(大王製紙2代目社長)
次男:尚武(兵庫製紙会長)
三男:俊高(大王製紙特別顧問、会長・副社長)
長女:
次女:
四男:広高(東京紙パルプ交易社長)
五男:英高(大王製紙常務、東京紙パルプインターナショナル社長)
六男:高幸(四国紙販売社長、大王製紙常務)

孫:井川意高(大王製紙5代目社長。井川高雄の長男)


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
井川伊勢吉語録http://bit.ly/Af21Ym


井川伊勢吉(いかわ・いせきち)略歴
【1909年~1990年】大王製紙創業者。11月7日宇摩郡三島村(現四国中央市)に生まれる。昭和3年、三島で製紙原料商開始。昭和15年、丸菱製紙所社長に就任し、製紙業へ参入。昭和16年、四国紙業株式会社を建て、大王製紙の母体となる製紙工場づくりに着手。昭和18年、大王製紙株式会社を設立し社長に就任。昭和39年、大王製紙が倒産の危機に陥り、昭和37年に会社更生法適用の申請をしており、責任を取って社長退陣。昭和40年、会社更正手続終結。社長復帰。昭和62年、代表取締役会長に就任。80歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる