佐藤泰然 子孫

佐藤泰然(順天堂開設者)家系図・家族・子孫



子供
養嗣子:佐藤尚中(泰然の養継嗣となり順天堂を継ぐ。第二代堂主)
長女:つる(林洞海に嫁す)
次女:きは(三沢精確(良益)に嫁す)
長男:惣三郎(山村家の養子)
次男:良順(松本良甫の養子、のちに順と改名。初代陸軍軍医総監)
三男:大三郎(早世)
三女:とみ(白戸隆忠の養女。陸軍省初代軍馬局長・隆盛を婿に迎える)
四男:綱四郎(早世)
四女:ふさ(山内作左衛門に嫁す)
五男:董(林洞海の養子、外交官・政治家・外務大臣)

孫:佐藤百太郎(佐藤尚中の長男)

曾孫:赤松登志子(長女つるの孫で、森鴎外の最初の妻)
曾孫:森玉枝(四女ふさの孫で、海軍少将・森電三の妻)


■「順天」とは、中国古書にある「天の道に順」の意

■我が国への西洋医学導入に貢献する多くの門人(佐藤尚中、松本良順、関寛斎、佐々木東洋など)を育てた

■1851年、日本初の「膀胱穿刺」手術に成功。他にも乳癌手術、種痘など蘭学の先進医療を行うとともに医学界を担う人材を育成し、順天堂は大阪の緒方洪庵の適塾とならぶ有名蘭学塾となった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


佐藤泰然(さとう・たいぜん)略歴
【1804年~1872年】日本の医師。順天堂大学の基礎を作った人物として知られている。現在の神奈川県川崎市に誕生。長崎で蘭方医学を学ぶ。1838年 江戸薬研堀に蘭方医学塾(和田塾)を開く。この年をもって順天堂開学の年とする。1843年、幕末攘夷・洋学排斥の風潮あり、江戸より佐倉に難を避け、医学塾順天堂を開設した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる