川上源一 家族

川上源一(ヤマハ中興の祖)家系図・家族・子供



父親:川上嘉市(ヤマハ3代目社長)
長男:川上浩(ヤマハ7代目社長)


■ヤマハを楽器やオートバイのトップブランドに育てた

■スポーツ用品の製造開発、リゾート事業も手がけ、日本の高度成長による余暇産業の拡大にあわせ、グループの多角化にも大きな成果を挙げ、ヤマハ中興の祖と呼ばれる

■強烈な個性とワンマンぶりから「川上天皇」とも称され、父・嘉市から息子・浩まで川上家がオーナーではないにもかかわらず、3代続けて社長の座に就き、経営の世襲への批判もあった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
川上源語録http://bit.ly/OUGVt8


川上源一(かわかみ・げんいち)略歴
【1912年~2002年】日本楽器製造株式会社(現・ヤマハ)の第4代・6代社長。ヤマハ発動機の創業者でもある。静岡県浜名郡豊西村(現・浜松市恒武町)出身。1934年、高千穂高等商業(現・高千穂商科大)卒業後、大日本人造肥料(日産化学工業の前身)で働く。1937年、父嘉市氏が社長を務めていた日本楽器製造(現ヤマハ)に入社、1946年、取締役に就任。1950年には、嘉市氏のあとを受けて4代目社長に就任。6代目社長も務める。製造ラインの合理化に努め、同社をピアノ生産量で世界一の座に押し上げた。90歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる