栗塚省吾 子孫

栗塚省吾(司法官僚)家系図・家族・子供



父:越前松平家の家老で越前府中を領した本多氏の家臣


■江戸の本多邸で生まれる。漢学を学んだ後、渡辺洪基に英語を、村上英俊にフランス語を学ぶ


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


栗塚省吾(くりづか・せいご)略歴・経歴(プロフィール)
【1853年~1920年】日本の司法官僚、判事、弁護士、衆議院議員(立憲政友会)。福井藩の支藩・府中藩の江戸藩邸で生まれる。幼名を幸太郎と名乗った。16歳の時に福井藩の貢進生として斉藤修一郎と共に大学南校(開成学校=後の東京大学)に入学。パリ大学に留学。帰国後、司法省書記官、司法大臣秘書官などを歴任。司法省民事局長、大審院判事に転じ、部長を務める。弁護士を開業。衆議院議員となる。小湊鉄道や東亜製綱の社長を歴任し、財界でも活躍した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる