五百木竹四郎 子孫

五百木竹四郎(西洋料理の名人)家族・子供


父:魚の行商人。10歳の時に亡くなる
兄:五百木熊吉(西洋料理業界で頭角を現し、名人と呼ばれる)


■明治20年に愛媛県北宇和郡裡町で4男として生まれる

■五百木兄弟は西洋料理で名人の評判が高く、その名を知らない者は居ないほどであった

■五百木は、当時華族会館で修業をしていた、後に天皇の料理番となる秋山徳蔵を可愛がった

■五百木は35歳で精養軒の社長に就任する。以後、丸ビル精養軒、松島パークホテルなどを手掛けホテル業界にも貢献する


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


五百木竹四郎(いおき・たけしろう)略歴・経歴(プロフィール)
【明治20年~昭和18年】日本の西洋料理の名人。日本のホテル業界に貢献したことでも知られる。愛媛県北宇和郡裡町(現宇和島市裡町)で生まれる。10歳の時に父親が亡くなったため、14歳の時から行商を始めて家計を助ける。16歳の時に横浜へ出て西洋料理の修業をする。イギリス公使館の料理長、精養軒の支配人、35歳で精養軒の社長に就任。丸ビル精養軒、松島パークホテル、長良川ホテル、札幌グランドホテルなどを手がけ、香港やシンガポールにも進出し、日本のホテル業界に貢献する。享年56
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる