浅田次郎 家族

浅田次郎(小説家)家系図・家族・子供



母:実家は奥多摩の御岳山(みたけさん)の宮司を務めていた
妻:


■子供の頃から読書好きで、小学生の頃から図書館で借りた本をその日のうちに読み終えて、翌日に返却するというパターンが出来上がった。以来、1日1冊の読書が生活になった

■「小説の大衆食堂」を自称、「書くのは最大の道楽」と語る

■趣味は買い物、読書、競馬


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
浅田次郎語録http://bit.ly/1hQQXtX


浅田次郎(あさだ・じろう)略歴
日本の小説家。本名は岩戸康次郎(いわと・こうじろう)。1951年12月13日東京都中野区で生まれる。高等学校卒業後、陸上自衛隊に入隊、除隊後はアパレル業界など様々な職につきながら投稿生活を続け、1991年、『とられてたまるか!』でデビューした。1995年 『地下鉄に乗って』で第16回吉川英治文学新人賞を受賞
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる