竹中半兵衛 子孫

竹中半兵衛(重治)(戦国武将)家系図・家族・子孫



父:竹中重元(戦国時代の武将。美濃国の土豪、美濃大野郡大御堂城主)
母:杉山久左衛門の娘
兄弟
・重行
・重治
・重矩(武将。美濃斎藤氏、織田氏の家臣となる)
正室:美濃北方城主の安藤守就の娘(得月院)
息子:重門(父・半兵衛が亡くなった後、羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕えた)
孫:重常、重次


※主君は斎藤龍興→浅井長政→織田信長

※戦国時代を代表する軍師として知られ、織田氏の家臣である羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の参謀として活躍し、黒田孝高(黒田官兵衛)とともに「両兵衛」と称された。


関連サイト
トップページhttp://bit.ly/1hFgCsj
竹中半兵衛語録http://bit.ly/1crhuI4


竹中重治(たけなか・しげはる)略歴
【1544年~1579年】戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。初名は重虎、のちに重治。通称は半兵衛(はんべえ)。戦国時代を代表する軍師としても知られ、織田氏の家臣である羽柴秀吉の参謀として活躍し、黒田孝高(黒田官兵衛)とともに「両兵衛」「二兵衛」と称された
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる