高畑誠一 子孫

高畑誠一 家系・家族・子孫
(現・双日創業者)



父:宗次郎(愛媛県喜多郡内子町出身。生糸と木蝋の製造業を営む)
母:タキセ(小柄でおとなしい人)
姉二人あり

妻:千代子(鈴木商店店主の2代目鈴木岩次郎の長女)
子供あり

孫:高畑宗一


参考文献:『私の履歴書(日本経済新聞社)』


※生家は内子町にあり、高畑誠一で14代目となる
※高畑34歳、千代子20歳の時に結婚した。縁談は鈴木商店の大番頭、金子直吉の勧めによるもの。鈴木家には男子がいなかったため、最初は養子に欲しいとのことだったが、高畑家も一人息子だったので、養子に行くわけにはいかないと一度は断った。その後養子でなくてもいいということになり話がまとまった


略歴
■ 高畑誠一(たかはた・せいいち)
1887年~1978年(明治20年~昭和53年)現双日の創業者。愛媛県生まれ。1909年神戸高商(現神戸大学)卒。鈴木商店に入社。20代後半でロンドン支店長。15年間ロンドン在勤のあと1926年帰国。一年後に鈴木商店倒産で日商設立。この日商が後の日商岩井、現双日となる。本国を介さない三国間貿易を日本人として最初に始めた商社マンとしても知られている。91歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Re: 訂正依頼

帝人株式会社 
秘書部様

ご丁寧にご連絡頂きまして有り難うございます。
速やかに訂正いたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。

サイト管理者
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる