力道山 子孫

力道山(プロレスラー)家系図・家族・子孫



日本併合下の朝鮮半島で現地人の両親のもとに生まれた。後に長崎県大村市の農家・百田家の養子となった

妻:田中敬子(元日本航空客室乗務員。刺殺される10か月前に結婚)

子供
長男:百田義浩(元プロレスリング・ノア取締役。慶應義塾大学法学部卒)
次男:百田光雄(元プロレスラー。元ノア取締役副社長。テレビ解説者)


■力道山は15歳で来日する時、既に結婚し子供もいた。その後、2002年の釜山アジア大会で、力道山の孫娘が北朝鮮の重量挙げ監督としてエントリーして話題になった


関連サイト
トップページhttp://bit.ly/1hFgCsj
力道山語録http://bit.ly/M2x97s


力道山(りきどうざん)略歴
大正13年~昭和38年(1924年~1963年)日本のプロレスラー。本名:百田光浩(ももた みつひろ)、出生名・朝鮮名:金 信洛(キム・シルラク,김신락)。大相撲の力士出身。戦後に日本のプロレス界の礎を築き、日本プロレス界の父と呼ばれる。身長176cm(プロレス時代の公称身長は180cm)、体重116kg

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる