徳川家康 子孫

徳川家康(江戸幕府初代将軍)家系図・家族・子孫



父:松平広忠(三河国額田郡岡崎城主。松平宗家8代当主)
母:於大の方

兄弟:家元? 内藤信成? 忠政? 樵臆恵最? 市場姫
異父弟:康元、康俊、定勝

妻(正室):築山殿
継室:朝日姫
側室:養珠院、西郷局、茶阿局、英勝院、雲光院、相応院など。

子供:松平信康、亀姫、結城秀康、督姫、徳川秀忠、松平忠康(のち忠吉)、振姫、武田信吉、松平忠輝、徳川義直、徳川頼宣、徳川頼房など


※改名
・竹千代(幼名)→松平元信(初名)→(松平)元康→(松平)家康→徳川家康

※徳川家康の影武者説
・徳川家康の生涯は通説で考えられているものと異なり、人生のいずれかの段階で別人と入れ替わったという俗説がある。その俗説の一つが関ヶ原の戦いで暗殺された事実を隠すために、家康の影武者であった世良田二郎三郎が家康になり代わり、その後264年続く徳川・太平の世の基盤を築いたというもの。


関連サイト
トップページhttp://bit.ly/1hFgCsj
徳川家康語録http://bit.ly/A1bSnE


徳川家康(とくがわ・いえやす)略歴
1542年~1616年(天文11年~元和2年)江戸幕府初代将軍。岡崎城主松平広忠の子供として生まれるが、6歳のときより尾張の織田、駿河の今川で人質生活を送る。桶狭間の戦い以後、自立。信長と同盟、大大名になる。信長の死後、秀吉に臣従。秀吉の死後、関ヶ原の戦に勝利し3年後に幕府を開いた。大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼす。75歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる