黒田官兵衛 子孫

黒田官兵衛(武将・大名)家系図・家族・子孫



祖父:黒田重隆(薬売り・武将)
父:黒田職隆(姫路城主)
母:明石宗和の娘(小寺政職の養女)
兄弟:孝高、浦上清宗室、 浦上誠宗室、利高、香山妙春(三木通秋室)
妻(正室):櫛橋伊定の娘・光 
子供:黒田長政(キリシタン大名)


※官兵衛は黒田職隆の嫡男として播磨国の姫路に生まれた


関連サイト
トップページhttp://bit.ly/1hFgCsj
黒田官兵衛語録http://bit.ly/18tn41p


黒田孝高(くろだ・よしたか)略歴
【1546年~1604年】戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。清濁併せ飲む智将として知られている。一般には通称をとった黒田官兵衛(くろだ・かんべえ)、あるいは出家後の号をとった黒田如水(くろだ・じょすい)として広く知られる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる