吉野文六 家族

吉野文六(外交官)家系図・家族・子供



長男:豊(ゆたか)


■1972年の沖縄返還をめぐる日米間の密約を政府関係者として初めて証言したことで知られる外交官

■アメリカ局長時代は、アメリカとの間で、沖縄返還の際に土地の原状回復費用を日本が負担する密約の存在を一貫して否認したが、ホワイトハウスの文書公開を受けて初めて認めるに至った

■自宅:神奈川県横浜市

■2015年3月29日に肺炎のため96歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


吉野文六(よしの・ぶんろく)略歴・経歴(プロフィール)
【1918年~2015年】日本の外交官。長野県松本市で生まれる。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)、旧制松本高等学校卒業。東京帝国大法学部在学中、1941年外務省に入省。駐米公使などを経て、1971年1月~1972年6月に外務省アメリカ局長を務め、米国との沖縄返還交渉を担当した。その後、外務審議官や駐西独大使を歴任。退官後は国際経済研究所の理事長を務めた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる