水の江瀧子 家族

水の江瀧子(映画プロデューサー)家族・子供



生涯独身を通した瀧子であったが、その生涯でふたりの恋人がいた

一人目の恋人:アメリカ滞在中に知り合った日系人男性
二人目の恋人:兼松廉吉

甥:三浦和義(実業家、タレント、俳優。「ロス疑惑」が取り沙汰された)


■兼松は妻子ある身だったが瀧子と同棲し、戦時中に彼の家族が疎開から戻ってからは当時瀧子が住んでいた鎌倉に住まわせ、両者のもとを行き来していた

■日本初の女性映画プロデューサーとなり、石原裕次郎を筆頭に、浅丘ルリ子、長門裕之、岡田真澄、和泉雅子、赤木圭一郎ら数々の俳優を育成した

■50年以上に渡り芸能活動を続けたが、1984年に甥の三浦和義が妻の不審死に関わったのではないかとしてマスメディアを賑わせた「ロス疑惑」のスキャンダルに巻き込まれ、芸能界を引退した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


水の江瀧子(みずのえ・たきこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1915年~2009年】日本の女優、映画プロデューサー、タレント。出生名は三浦ウメ子。1928年に東京松竹楽劇部(後の松竹少女歌劇部、松竹歌劇団)に第1期生として入団。日本の女性歌劇史上初めて男性様に断髪した男役で「男装の麗人」の異名を取り、「ターキー」の愛称と共に1930~40年代にかけて国民的人気を博した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる