松谷みよ子 家族

松谷みよ子(児童文学作家)家系図・家族・子供



父親:松谷與二郎(社会運動家、弁護士、政治家。衆議院議員)
元夫:瀬川拓男(絵本作家。人形劇団太郎座の主宰者で民話研究家)
長女:瀬川たくみ


■童話「ちいさいモモちゃん」などで知られる

■幼い女の子の成長と日常生活を描いた「ちいさいモモちゃん」は野間児童文芸賞に選ばれ、「モモちゃんとアカネちゃん」(全6巻)シリーズは、620万部のロングセラーになった

■2015年2月28日、老衰で死去。享年89


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


松谷みよ子(まつたに・みよこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1926年~2015年】日本の児童文学作家。本名は松谷美代子。東京市神田区に生まれる。西巣鴨第五尋常小学校から東洋高等女学校に進み、1943年に卒業。旧日本勧業銀行に就職、その後JTBで編集に従事する。1951年に初めての童話集『貝になった子供』があかね書房から出版され、第1回児童文学者協会新人賞を受賞した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる