古川貞二郎 家族

古川貞二郎(内閣官房副長官)家系図・家族・子供


父:喜一(五反の田んぼ、五反の畑を耕して生計を立てた)
母:よね(五反の田んぼ、五反の畑を耕して生計を立てた)
姉:2歳上
妹:2歳下

妻:森下理律子(厚生省の福祉年金課の臨時職員をしていた)

長男:和隆(1966年、札幌で生まれる)
次男:真一


■1934年、佐賀県大和町の農家に生まれる

■昭和天皇の崩御による「大喪の礼」や今上天皇の「即位の礼」に関係する一連の行事を、官僚の事務方として指揮する

■内閣官房副長官の在任期間は8年7ヶ月に渡り、前任者の石原信雄を抜いて歴代最長 

■趣味は家庭菜園

■信条は「道は必ず開ける」


参考文献『私の履歴書(日本経済新聞)』


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
古川貞二郎語録http://goo.gl/oqvDzY


古川貞二郎(ふるかわ・ていじろう)略歴
日本の厚生官僚。第39代厚生事務次官、内閣官房副長官、株式会社麻生監査役などを歴任。社会福祉法人恩賜財団母子愛育会理事長。1934年9月11日佐賀県大和町で生まれる。1958年、九州大学法学部卒業後、長崎県庁入庁。1960年に厚生省入省
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる