鹿島岩吉(鹿島建設創業家) 子孫

鹿島岩吉(鹿島建設創業者)家系図・家族・子孫



父親:鹿島市左衛門(武蔵国入間郡小手指村(現・埼玉県所沢市)の豪農)
前妻:佐藤マス(信州藩士の娘。病死で死別)
後妻:栗山チヨ(再婚し一女を授かる)

子供
長男:義舞(夭折)
次男:鹿島岩蔵(2代目社長)
三男:徳太郎
四男:喜三郎(夭折)
長女:富貴
次女:以楚(いそ)。栗山チヨとの間の子

孫:いと(岩蔵の長女。夫が婿養子で3代目社長の鹿島精一)

曽孫:卯女(5代目社長。精一の長女。夫が婿養子で4代目社長鹿島守之助)

玄孫:伊都子(夫が鹿島6代目社長の渥美健夫)
玄孫:鹿島昭一(卯女と守之助の子。8代目社長)

※渥美健夫と伊都子の長男・直紀の妻が中曽根康弘元首相の次女・美恵子


■鹿島岩吉(かじま・いわきち)略歴・経歴(プロフィール)
【1816年~1880年】日本の大工。現・鹿島建設創業者。武蔵国入間郡小手指村(現・埼玉県所沢市)で生まれる。江戸に出て大工修行をし、25歳の時に棟梁の株を得て独立。幕末には横浜に進出、英一番館(外国商館)などの洋風建築を手掛け、「洋風の鹿島」と謳われた


■鹿島建設の歴代社長
初代:鹿島岩吉(1840~1880年)
2代:鹿島岩蔵(1880~1912年)
3代:鹿島精一(1912~1938年)
4代:鹿島守之助(1938~1957年)
5代:鹿島卯女(1957~1966年)
6代:渥美健夫(1966~1978年)
7代:石川六郎(1978~1984年)
8代:鹿島昭一(1984~1990年)
9代:宮埼明(1990~1996年)
10代:梅田貞夫(1996~2005年)
11代:中村満義(2005~2015年)
12代:押味至一(2015~)


参考文献
「鹿島建説の歩み」(著者:小野一成)
「創業家物語」(著者:有森隆)


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる