南雲忠一 子孫

南雲忠一(海軍大将)家系図・家族・子孫



父:南雲周蔵(旧米沢藩御扶持方。中士階級)
母:南雲志ん 

妻:りき

子供は娘1人と男5人をもうけた
長女:仙子
長男:進(海軍少尉。駆逐艦「岸波」の甲板士官を務め、東シナ海で戦死)
次男:正
三男:明
四男:忠彦


■6人兄弟姉の末子として生まれる。終生米沢弁が抜けなかった

■戦前の南雲は「水雷戦術の第一人者」「猛将」として知られ、海軍内では数々の武勇伝が伝えられる人物だった

■太平洋戦争では空母艦隊長官を歴任

■最期はサイパン島において自決。57歳没


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
南雲忠一語録http://goo.gl/K3wSKa


南雲忠一(なぐも・ちゅういち)略歴
【1887年~1944年】日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。山形県米沢市信夫町出身。海軍兵学校卒業(36期)。海軍大学校教官。巡洋艦「那珂」艦長。軍艦「高雄」艦長。第一艦隊司令長官。中部太平洋方面艦隊司令長官。サイパン島玉砕(万歳突撃)、自決(享年57)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる