栄久庵憲司 家族

栄久庵憲司(工業デザイナー)家系図・家族・子供



父親:広島の出身で僧侶だった
母親:広島の出身で僧侶だった
妹:広島の原爆投下で死亡
弟:祥二(栄久庵死去の時は喪主を務めた)


■実家は戒善寺というお寺

■日本を代表する工業デザイナーで、キッコーマンの卓上しょうゆ瓶や秋田新幹線「こまち」などを手掛けた

■2015年2月、洞不全症候群のため東京都内の病院で死去。享年85


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


栄久庵憲司(えくあん・けんじ)略歴・経歴(プロフィール)
【1929年~2015年】日本の工業デザイナー。日本の工業デザイン界の草分けにして、日本の第一人者として知られた。東京生まれで幼少期をハワイで過ごした。海軍兵学校在学中、広島に原爆が投下され、妹が死亡。焼け野原となった街の光景に衝撃を受け、モノを生かす工業デザインの仕事を志した。享年85
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる