原嘉寿子 家族

原嘉寿子(作曲家)家系図・家族・子供


長男:久貴


■多数のオペラを作曲し、代表作に「祝い歌が流れる夜に」「脳死をこえて」などがある

■1999年にはドストエフスキー原作「罪と罰」を新国立劇場で上演

■2001年紫綬褒章


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


原嘉寿子(はら・かずこ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の作曲家。本名は原和子(はら・かずこ)。多数のオペラを作曲し、代表作に「祝い歌が流れる夜に」「脳死をこえて」などがある。東京芸術大学卒業。イタリアで声楽を学ぶ。菊池寛の小説を素材に大分県などが企画、主催した「青の洞門」など、町おこしに貢献するオペラを積極的に地方から発信した。2014年11月30日死去。享年79
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる