岸信介 家族

岸信介(第56・57代内閣総理大臣)家系図・家族・子孫



祖父:信彦(漢学者、政治家)
父:岸秀助(山口県庁官吏、酒造業)
母:佐藤茂世(佐藤信彦の長女。家は代々毛利藩士)
兄:市郎(軍人・海軍中将)
弟:栄作(内閣総理大臣(第61・62・63代)
姉:タケ
姉:こま(泉伍郎の妻)
姉:音世(山陽高等女学校を首席で通した)
妹:千代子(日産自動車社長を務めた久芳道雄に嫁ぐ)
妹:操(徳山曹達取締役を務めた椎木進一に嫁ぐ)
妹:淑子(興亜火災海上保険相談役を務めた恒光四郎に嫁ぐ)

妻:良子

子供(子孫)
長男:信和(妻・仲子は山口県議会議長を務めた田辺護の二女)
長女:洋子(政治家・安倍晋太郎に嫁ぐ。次男が安倍晋三内閣総理大臣)


・安倍寛信(三菱パッケージング社長)
・安倍晋三(内閣総理大臣)
・岸信夫(政治家、長男・信和の養子となって岸家を継いでいる)


■岸信介は父・秀助と母・茂世の3男7女の5人目(次男)に生まれた。

■母・茂世(もよ)が傑出した人物だったと伝えられる。家は代々毛利藩士で信介の曽祖父にあたる佐藤信寛は、長州藩士として長沼流軍学を修め、後に教授となって吉田松陰を教えた。明治9年には島根県令に任じられた。この信寛が佐藤近代の始祖にあたる

■茂世は、兄弟のなかで誰よりも男まさりで頭がよく、祖父も父も寵愛した。そして父・信彦が「茂世を嫁に出すな」と遺言したため、わざわざ岸家から秀助を養子に迎えて分家させた

■茂世はみずからの佐藤家を長男の市郎に継がせ、次男・信介を夫・秀助の実家に男がいなかったことから岸家に養子として戻した

■茂世の弟・松介が継いだ佐藤本家にも男が生まれなかったことから、三男の栄作を養子に出した


関連サイト
トップページhttp://bit.ly/1hFgCsj
岸信介語録http://bit.ly/A4hquH


岸信介(きし・のぶすけ)略歴
1896年~1987年(明治29年~昭和62年)内閣総理大臣(第56・57代)山口県生まれ。東大卒業後、農商務省に入り満州の経済化に活躍。戦後A級戦犯容疑で逮捕されるが不起訴。自民党幹事長、首相となり、日米安保条約を締結したのちに退陣
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる