河口俊彦 家族

河口俊彦(棋士・作家)家系図・家族・子供


妻:真子


■現役棋士時代から将棋観戦記、エッセイなどで活躍する

■一般に報道されない日々の対局の模様を将棋棋士の生きかたを含めて活き活きと描いた「対局日誌」をペンネーム・川口篤(当時)で「将棋マガジン」誌に1978年2月の創刊号から連載を開始し注目された

■著書
「大山康晴の晩節」
「将棋界奇々快々」
「升田幸三の孤独」
「盤上の人生 盤外の勝負」
「最後の握手 昭和を創った15人のプロ棋士」
など

■2015年1月死去。享年78


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


河口俊彦(かわぐち・としひこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1936年~2015年】将棋棋士七段、小堀清一九段門下。作家、将棋ライター。神奈川県横須賀市生まれ。1951年、小堀清一九段の弟子となり、1966年、プロ入り(四段)。2000年、七段
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる