西田敏行 家族

西田敏行(俳優)家系図・家族・子供


実父:5歳の時に亡くなる
養父:公務員

妻:4歳年下の女性
子供:2女あり


■5歳の時に父が亡くなり、同じ郡山市内に住む母方の伯母夫婦に引き取られた

■少年時代は映画好きの養父に連れられ映画館へ通い、チャンバラ映画に熱中。観る側より映画のスクリーンに映る自分の姿をぼんやり夢想していた

■中学卒業後、上京、明大中野高校から明治大学進学。その後中退し、1970年劇団青年座入団。1970年「情痴」で初舞台。1971年舞台「写楽考」初主演

■NHK大河ドラマに数多く出演しており、初出演した1972年の『新・平家物語』から、2013年放送の『八重の桜』まで、出演作品数は計12作にのぼる

■歴代の徳川将軍家の人物を演じることが多く、『八代将軍吉宗』では徳川吉宗、『葵 徳川三代』では徳川秀忠、『功名が辻』では徳川家康、と、3名の徳川家将軍を演じている


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
西田敏行語録http://goo.gl/snPWCD


西田敏行(にしだ・としゆき)略歴
日本の俳優、歌手、タレント、司会者。血液型B型。身長166cm。体重80kg超。1947年11月4日生まれ。福島県郡山市出身。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる