河野多惠子 家族

河野多惠子(小説家)家系図・家族・子供



父:為治(大阪の椎茸問屋)
母:よね
夫:市川泰(洋画家)
甥:河野明(あきら)


■1926年、大阪府大阪市西区にある椎茸問屋の父為治、母よねの二女として生まれた

■1963年「蟹」で芥川賞、1967年「最後の時」で女流文学賞を受け、過激な性や人間の内面を追究する作風で文壇での地位を築いた

■1987年からは故大庭みな子と共に女性初の芥川賞の選考委員に就任したことでも注目を集めた

■2002年に文化功労者、2014年には文化勲章を受章した

■2015年1月29日、呼吸不全のため死去。88歳没


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


河野多惠子(こうの・たえこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1926年~2015年】日本の小説家。1926年4月30日生まれ。大阪市出身。大阪府女子専門学校(現大阪府立大)卒。作家・丹羽文雄主宰の雑誌「文学者」同人となり創作を始め、1962年に「幼児狩り」で新潮社同人雑誌賞を受賞しデビューした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる