榎本武揚 子孫

榎本武揚(幕臣・武士)家系図・家族・子孫



父:箱田良助(備後国安那郡箱田村(現・広島県)出身)
母:みつ(榎本武由(武兵衛)の娘)

妻:榎本たつ(父が林洞海で母が佐藤泰然の娘の長女で、林研海の妹)
娘:外交官の二橋謙に嫁いだ
ひ孫:榎本隆充(東京農業大学客員教授)


■父・箱田良助は榎本武由(武兵衛)の娘みつと結婚して、婿養子として幕臣となり、榎本武規(円兵衛)と改名した。また、伊能忠敬の弟子でもあった

■家紋は丸に梅鉢


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
榎本武揚語録http://bit.ly/JP8eQZ


榎本武揚(えのもと・たけあき)略歴
天保7年~明治41年(1836年~1908年)江戸幕末~明治期の武士・幕臣、政治家。江戸下谷御徒町(現・東京都台東区御徒町)生まれ。幕府留学生としてオランダに留学。帰国後、幕府の海軍副総裁に就任。徳川幕府艦隊を率いて、宮古湾会戦および函館戦争を起こす。明治新政府では逓信大臣、外務大臣などを歴任。享年73
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる