赤瀬川隼 家族

赤瀬川隼(小説家)家系図・家族・子供



妻:ちえ子
弟:赤瀬川原平(芥川賞作家で美術家)
妹:赤瀬川晴子(帽子作家)
長女:『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の一人


■野球を題材にした作品を次々に発表

■『白球残映』にて第113回直木賞受賞。63歳8ヶ月での受賞は歴代4番目に高齢であった

■2015年1月26日、肺炎のため死去。83歳没


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


赤瀬川隼(あかせがわ・しゅん)略歴・経歴(プロフィール)
【1931年~2015年】日本の小説家。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。住友銀行、外国語教育機関書店などに勤務した後、1983年に近未来野球小説「球は転々宇宙間」で吉川英治文学新人賞を受け、作家デビューした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる