北白川祥子 家族

北白川祥子(宮内庁女官長)家系図・家族・子供



父:徳川 義恕(陸軍軍人、侍従、男爵。旧尾張藩主徳川慶勝の息子)
母:寛子(陸奥国弘前藩の第12代(最後)藩主・津軽承昭の娘)
実兄:徳川義寛(侍従長)
次兄:津軽義孝(常陸宮妃華子の父に当たる)

夫:北白川宮永久王(陸軍軍人、貴族院議員。1940年皇族のまま死去)

長男:道久(みちひさ)
姪:常陸宮妃華子


■1935年に北白川宮永久王と結婚

■1947年10月に他の10宮家とともに皇籍離脱

■1969年5月から女官長を務め、昭和天皇逝去後は皇太后宮女官長として香淳皇后のお世話をした

■2015年1月 急性肺炎のため東京都内の自宅で死去、98歳


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


北白川祥子(きたしらかわ・さちこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1916年~2015年】北白川宮永久王の妃。徳川義恕男爵の次女。宮内庁女官長を務めた。元皇族。1916年8月26日生まれ。現・お茶の水女子大学を卒業し、1935年、19歳のとき永久王と結婚した。しかし1940年に死別する。1969年、女官長に就任する。平成改元後も皇太后宮女官長として香淳皇后に長く仕えた。2015年死去。享年98
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる