高須久子 子孫

高須久子 家系図・家族・子孫



夫:婿養子で武士(夫が若くしてなくなり、久子は若い頃に未亡人となった)
娘:高須糸 (たかす・いと)


■高須久子は萩藩で石高三百三十国取りの家柄の跡取り娘として生まれた(生年月日不明)

■高須家は中国地方の雄・毛利家に代々仕えた毛利家臣団杉原三家の一つ「高須家」の出身で高杉晋作の遠縁にあたるといわれている

■三味線や、歌、浄瑠璃が得意であった

■短歌・俳句の知識も豊富であった

■吉田松陰との出会い
・萩の野山獄へ幽閉されていた時に、浦賀に黒船が最来航した際に密航を企てたが失敗した吉田松陰が幽閉されてきて。この時、久子(37歳)、松陰(25歳)の時であった。獄中で松陰と出会ったのが最初であった

■吉田松陰は生涯独身で、愛人もいなかったとされるが、唯一恋心を抱いたのが、高須久子だったと言われる。友達以上恋人未満の関係であったようだ

■高須久子の生年没は不明であるが、長寿を全うしてこの世を去った


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


吉田松陰(よしだ・しょういん)略歴
【1830年~1859年(文政13年~安政6年)】長州藩士、思想家、教育者、兵学者。萩城下松本村で長州藩士・杉百合之助の次男として生まれる。1854年、ペリー2度目の来航の際、長州藩足軽・金子重之助とともに密航計画を企てるも失敗、萩の野山獄に幽囚される。1855年、生家で預かりの身となるが、1857年、叔父の玉木文之進が開いていた私塾・松下村塾を引き受けて主宰者となり、高杉晋作をはじめ久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠など、維新の指導者となる人材を教え育てる。最期は江戸伝馬町の獄において斬首刑に処される。29歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる