古賀侗庵 子孫

古賀侗庵(儒学者)家系図・家族・子孫



父:古賀精里(儒者。寛政の三博士と呼ばれた)
妻:鈴木松
息子:古賀謹一郎(江戸時代末期(幕末)から明治にかけての儒学者)


■外国と渡り合うために海外への進出、貿易を行なうべきだとする「海外進出論」を記した「海防臆測」を書いたことで知られる

■「海防臆測」は幕府の政策を否定し内乱を招くものとして、「禁書」とされた

■「海防臆測」は後世、山田亦介(長州藩士。松陰の師)や吉田松陰(教育者)、小田村伊之助(初代群馬県令(知事)、貴族院議員)らに影響を与えた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


古賀侗庵(こが・どうあん)略歴・経歴(プロフィール)
江戸後期の儒学者。家塾久敬舎を運営した。外国と渡り合うために海外への進出、貿易を行なうべきだとする「海外進出論」を記した「海防臆測」を書いたことで知られる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる