重光武雄(ロッテ創業家) 子孫

重光武雄(ロッテグループ創業者)家系・家族・子供



最初の妻:故人
現妻:初子

実弟:辛春浩(シン・チュンホ)。韓国の食品メーカー農心の創業者

長男:重光宏之(ロッテ商事社長、ロッテHD取締役副会長を務めた)
次男:重光昭夫(韓国ロッテG会長兼千葉ロッテ球団オーナー代行)
長女:辛英子(シン・ヨンジャ)。福祉財団理事長
次女:ユミ(ホテル顧問)

甥:辛東仁(シン・ドンイン)。韓国ロッテジャイアンツオーナー代行


■1922年10月4日 、日本統治時代の朝鮮(現韓国)の慶尚南道蔚山で誕生

■18歳の時に日本に渡り、新聞・牛乳配達などをしながら、早稲田実業学校卒業

■1947年 進駐軍のチューインガムを見て、ガム製造に乗り出す

■1948年 6月株式会社ロッテ設立

■ロッテグループ会長、日本プロ野球のチーム千葉ロッテマリーンズと大韓民国プロ野球のチームロッテ・ジャイアンツのオーナーとなりロッテ王国を一代で築き上げた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
重光武雄語録http://bit.ly/wdutkR


重光武雄(しげみつ・たけお)略歴
1922年~(大正11年~)ロッテ創業者。韓国慶尚南道(現・蔚山広域市)出身の在日韓国人一世。本名は辛格浩(シン・キョクホ)。18歳の時に日本に渡り、新聞・牛乳配達などをしながら、早稲田実業学校卒業。オイル生産工場を設立するも戦争で全焼。石鹸製造によって事業を持ち直し、駐屯する米国兵が噛んでいたガムに注目する。すぐさま風船ガムを売り出して大ヒットを放った。そしてロッテを設立しチューイングガム事業に本腰を入れる。外食産業、ホテル産業、プロ野球球団の経営と多角的な経営を成功させる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる