杉百合之助 子孫

杉百合之助(杉常道)家系図・家族・子孫



父:杉常徳(七兵衛)。長州(萩)藩士で無給通組士
弟:玉木文之進(長州藩士。山鹿流の兵学者。松下村塾の創立者)

妻:滝(毛利志摩守家臣・村田右中の娘。20歳の時に児玉太兵衛の養女に)

長男:梅太郎(民治)家督を継ぐ
次男:吉田松陰(教育者)
長女:芳子(千代)(1832-1924) 児玉祐之の妻
次女:寿(1839-1881) 小田村伊之助(楫取素彦)の妻
三女:艶(1841-1843) 早世
四女:杉文(久坂玄瑞と楫取素彦の妻になる)
三男:敏三郎(1845-1876)


■文化元年2月23日に長州(萩)藩士で無給通組士の杉常徳(七兵衛)の子として生まれた

■20歳で家督を継ぎ、翌年、児玉太兵衛の養女・滝と結婚

■3男4女に恵まれた(3女は早世)

■家格は無給通組(下級武士上等)、石高26石という極貧の武士であったため、藩の仕事に就きながら、家族を養うため田畑も耕し、半農半士の生活を送る

■勤勉家で、わずかな時間も本を読み、子供たちの教育にも熱心であった

■松陰が処刑されると藩職を罷免され、家督を長男・民治に継いだ。享年62


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
花燃ゆ(登場人物)http://goo.gl/P9khjm


杉常道(すぎ・つねみち)略歴
【1804年~1865年】江戸時代後期から末期(幕末)の長州藩士。吉田松陰、楫取美和子の父。通称は百合之助

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる