大村益次郎 子孫

大村益次郎(陸軍創始者)家系図・家族・子孫



父:村田孝益(村医者)
母:うめ

妻:琴子

孫:大村寛人(子爵)
ひ孫:大村徳敏(公爵毛利元徳の六男。寛人の養子となり大村家の家督を継ぐ)
玄孫:大村泰敏(日本ヨット協会顧問)


■村医者の長男として生まれた。通称は村田蔵六(むらた・ぞうろく)

■梅田幽斎に医学や蘭学を学び、後に大坂に出て緒方洪庵の適塾で学ぶ

■適塾では塾頭まで昇進した

■明倫館で西洋学の教鞭をとる

■長州戦争や戊辰戦争で兵を指揮し、藩を勝利に導く

■維新後は兵部省の大輔(副大臣)として軍制の近代化に人尽した

■明治2年(1869年)、反対派の浪士に襲われて負傷し死去。享年46

■家紋は丸に桔梗


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
大村益次郎語録http://goo.gl/wl7VTO


大村益次郎(おおむら・ますじろう)略歴
【1824年~1869年】幕末の長州藩士。通称は、村田蔵六(むらた・ぞうろく)、日本陸軍の創始者、医師、西洋学者、兵学者。戦略家として、幕末はおろか日本史上でも類をみない能力をもつ。維新の十傑の一人に数えられる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる