伊藤博文 子孫

伊藤博文(初代内閣総理大臣)家系・家族・子孫



父:林十蔵(百姓)
母:琴子(秋山長左衛門の長女)

先妻:すみ子(入江嘉伝次の娘で入江九一と野村靖の妹。離婚する)
後妻:梅子(木田久兵衛の長女、木田幾三郎の姉。元は下関の芸妓)

子供
長女:伊藤貞子(夭逝。母は梅子)
次女:末松生子(内務大臣・末松謙澄と結婚。母は梅子)
三女:西朝子(ルーマニア公使・西源四郎と結婚。母は伊藤家の女中)
養子:伊藤博邦(井上光遠の四男。妻は易者・高島嘉右衛門の長女たま子)


藤井清子(朝子の娘。チェコスロバキア公使・藤井啓之助の妻)
博精(博邦の息子。妻は高橋是福の娘で高橋是清の孫娘)
伊藤満洲雄(住友軽金属に勤務した)

ひ孫
田付美代子(清子の長女。デンマーク大使・田付景一の妻)
藤﨑芙佐子(清子の次女。最高裁判所裁判官・藤﨑万里の妻)
鶴見蔦子(清子の三女。ジュネーヴ国際機関日本政府代表部大使鶴見清彦の妻)
松本悦子(清子の四女。防衛庁長官・松本十郎の妻)
千家文子(博精の三女。出雲国造家の千家達彦の妻)

玄孫
藤﨑一郎(芙佐子の息子。駐アメリカ大使、元外務審議官)
松本剛明(第145代外務大臣、第8代民主党政策調査会長などを歴任)


■天保12年(1841年)9月2日、現・山口県光市の百姓・林十蔵の長男として生まれる

■農民の子として生まれ、伊藤家の養子となる

■伊藤博文は一番下っ端の忍者(下忍)だったという説もある


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
伊藤博文語録http://bit.ly/xa97qb


伊藤博文 (いとう・ひろふみ)略歴
【1841年~1909年】初代内閣総理大臣。周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代内閣総理大臣(後に5、7、10代の総理大臣)および初代枢密院議長、初代貴族院議長、韓国統監府初代統監を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁に、外交では日清戦争に対処したことが特記できる。ハルビンで朝鮮独立運動家の安重根によって暗殺される。68歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる