綿矢りさ 家族

綿矢りさ(小説家)家系図・家族・子供



父:着物会社に勤務のサラリーマン
夫:2歳年下の国家公務員。霞が関に勤務する官僚


■京都市立紫野高校在学中「インストール」で文藝賞を当時最年少の17歳で受賞しデビュー

■大学在学中の2004年、「蹴りたい背中」により19歳で芥川賞受賞。最年少受賞記録を大幅に更新し話題となった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


綿矢りさ(わたや・りさ)略歴・経歴(プロフィール)
日本の小説家。1984年2月1日、京都府京都市で生まれる。幼少期から読書好きで、小学生のころは江戸川乱歩や那須正幹の『ズッコケ三人組』シリーズ、『不思議の国のアリス』、カニグズバーグ、『クマのプーさん』、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』などを愛読。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後は専業作家として活動。2012年、『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を最年少で受賞
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる