細田博之 家族

細田博之(衆議院議員)家系図・家族・子供



父:細田吉蔵(運輸官僚、行政管理庁長官、防衛庁長官、運輸大臣を歴任)
母:静子(島根県、升田憲元の6女)
妹がいる

配偶者:妻あり
子供は一男一女


■2004年、年金記録問題で辞任した福田康夫の後任として副長官から内閣官房長官に昇格

■内閣官房長官就任後は、ブッシュ政権下のアメリカ政府関係者から「歴代最高の官房長官」との賛辞を受けた

■作家の大下英治によれば、小泉の秘書官だった飯島勲は「総選挙(第44回衆議院議員総選挙)圧勝の政府側の影の最大の功労者」と評価しているとのこと

■総選挙中に地元へ戻らず、小泉遊説中の行政が停滞しないよう努めた。また、8月下旬の台風上陸などでも関係閣僚への連絡等で小泉内閣の危機管理に貢献した

■自民党最大派閥の細田派会長に就任。2014年12月24日召集の特別国会で町村派会長の町村信孝が衆院議長に選出され、派閥を離脱。同派会長代行の細田が昇格し12月25日に細田派が誕生した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


細田博之(ほそだ・ひろゆき)略歴
日本の政治家。衆議院議員、自民党幹事長代行(第3代)、自民党総務会長(第51代)、自民党国会対策委員長(第46代)、内閣官房長官、沖縄及び北方対策担当大臣、科学技術政策担当大臣、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、個人情報保護担当大臣を歴任。元通産官僚。1944年4月5日生まれ。島根県松江市出身。東京大学法学部卒業。通商産業省に入省。産業政策局物価対策課長などを務め、1986年に退官。父・細田吉蔵の議員秘書を経て、1990年の衆議院選挙に島根県全県区から立候補し、竹下登に次ぐ2位で初当選した
打ち消し文

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる