山内溥(任天堂3代目社長) 家族

山内溥(任天堂3代目社長)家系図・家族・子孫



曽祖父:山内房治郎(任天堂創業者)
祖父:山内積良(任天堂2代目社長)
父:山内鹿之丞(旧姓・稲葉。婿養子)
母:君(創業者・房治郎の孫)

妻:美智子(士族の末裔で、祖先は四国のある有力大名に仕えた高級武士)

子供
長女:陽子(夫は米国任天堂社長を務めた荒川實)
娘婿:荒川實(丸紅を経て任天堂へ。米国任天堂社長)
次女:富二子(夫は医師の田中一成)
長男:山内克仁(電通を経て、任天堂に入社。任天堂企画部長)


■2代目社長であった祖父の急死により、22歳で3代目社長となった山内溥は脱花札・トランプを目指した

■ゲームウォッチでヒットを飛ばすと、さらに家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」を発売。これまでにみたことのないゲーム機は市場で熱狂的に迎えられ、ソフトと同時に爆発的に売り上げを伸ばした。その後もゲームボーイ、スーパーファミコンとハード機を次々と投入。任天堂は日本だけではなく、世界的なテレビゲームメーカーへと成長を遂げた

■溥は早くから引退を宣言していたが、後継者に恵まれなかった。後継者と目されていたのが、娘婿の荒川實であった。荒川は京大から米マサチューセッツ工科大を出た丸紅の商社マン。任天堂の米国進出に当たり、初期のファミコン時代から関わり、家庭用ゲーム機を米国に普及させた功労者であった。ところが溥は「彼は任天堂の社長に向いていない」と、解任してしまった


■溥が後継者に白羽の矢を立てたのは、HALの社長をしていた岩田聡である。岩田が4代目社長になったことで、3代続いた一族経営に終止符をうった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
山内溥語録http://bit.ly/HHfAUy


山内溥(やまうち・ひろし)略歴
【1927年~2013年】任天堂創業家出身で3代目社長。本名は山内博、50歳のときに「溥」へと改名する。京都市生まれ。早稲田大学法学部に進学するが、2代目社長の祖父の急死によって、状況は一変。1949年、大学を中退し、22歳の若さでトランプ・カルタメーカーの3代目社長に就任した。これが現在の任天堂である。山内はゲームウォッチでヒットを飛ばすと、さらに家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」を発売。これまでに観たことのないゲーム機は市場で熱狂的に迎えられ、ソフトと同時に爆発的に売り上げを伸ばした。その後もゲームボーイ、スーパーファミコンとハード機を次々と投入。任天堂は日本だけではなく、世界的なテレビゲームメーカーへと成長を遂げた。2002年5月に山内は引退し、3代続いた一族経営を断ち切った
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる