山内房治郎(任天堂創業家) 家族

山内房治郎(任天堂創業者)家系図・家族・子孫



娘:貞
婿養子:山内積良(任天堂2代社長)
女孫:君(婿養子に稲葉鹿之丞を迎える)
曾孫:山内溥(任天堂3代社長)


■房治郎は跡継ぎとなる男子に恵まれなかった。そこで娘の婿養子に金田積良を迎え、山内積良と改名。2代目社長にした

■積良の子供も娘ばかり。3代目の跡取りとして長女の婿養子に、工芸家の家に生まれた稲葉鹿之丞(いなば・しかのじょう)を迎える

■君と鹿之丞との間に念願の男の子が生まれる。任天堂中興の祖となる溥(ひろし)である

■ところが、溥が5歳の時に、父親の鹿之丞が突如、出奔。母親からも離されて、祖父母の元で跡取りとして育てられる

■祖父が買い与えた渋谷・松濤の豪邸から早稲田大学に通い、ビリヤードに熱中。贅沢三昧の生活を送った

■この間に祖父が倒れ、大学を中退して京都に戻り、家業を継いだ。1949年、22歳のときである

■3代目社長となった溥は脱花札・トランプを目指す。ゲームウォッチでヒットを飛ばすと、さらに家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」を発売。これまでにみたことのないゲーム機は市場で熱狂的に迎えられ、ソフトと同時に爆発的に売り上げを伸ばした。その後もゲームボーイ、スーパーファミコンとハード機を次々と投入。任天堂は日本だけではなく、世界的なテレビゲームメーカーへと成長を遂げた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


山内房治郎(やまうち・ふさじろう)略歴
【1859年~1940年】日本の実業家・工芸家。現・任天堂の創業者。1889年9月23日に、「京都市下京区正面通り大橋西入る」の地にあった空き家を買い取り、その地に「任天堂骨牌」(山内房治郎商店)を創業。自らの工芸家としての腕を活用し花札の製造販売を始め、今日の世界的コンピューターゲーム企業「任天堂」の基礎を築いた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる