三木忠直 家族

三木忠直(鉄道技術者)家系図・家族・子孫



母:クリスチャンであった
妻:クリスチャンであった
娘:棚沢直子(東洋大学教授)


■1945年8月終戦。特攻機を設計して若者達を死に追いやった罪責の念から、すでにクリスチャンであった母親と妻の勧めで渡辺善太の門を叩き、日本基督教団中渋谷教会で洗礼を受けた

■戦後は自動車関係にいけば戦車になる。船舶関係にいけば軍艦になる。いろいろ考えて、平和利用しかできない鉄道の世界に入ることにした

■国鉄鉄道車両技術者に転身し、初代の新幹線車両、新幹線0系電車の先端のデザインを設計したことで知られる。他、小田急電鉄ロマンスカー3000形、懸垂型モノレールなどに携わった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言http://meigennooukoku.net/


三木忠直(みき・ただなお)略歴
【1909年~2005年】新幹線の開発者。鉄道技術者。大日本帝国海軍軍人、最終階級は海軍技術少佐。1909年12月15日、香川県高松市に生まれる。東京帝国大学(現:東京大学)工学部船舶工学科を卒業。海軍技術士官となる。ロケット特攻機桜花の機体設計を担当する。戦後は、国鉄鉄道車両技術者に転身。初代の新幹線車両、新幹線0系電車の先端のデザインを設計した。2005年4月20日死去
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる