斎藤隆夫 家族

斎藤隆夫(政治家、弁護士)家系図・家族・子孫



父:斎藤八郎右衛門
配偶者:妻あり
子供あり(斎藤は子煩悩で家族を大事にした)
孫:斎藤惇夫(児童文学作家)


■戦前期に、弁舌により帝国議会で軍部やファシズムに抵抗したことで知られる

■「ネズミの殿様」とのあだ名で国民から親しまれ、愛され、尊敬された政治家であり、その影響力は尾崎行雄、犬養毅に並ぶと言っても過言ではないほどであった

■孫の惇夫がネズミを主人公とした物語を描くのは、祖父をモデルとしている

■身長は150cmと小柄であった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
斎藤隆夫語録http://goo.gl/phqQaQ


斎藤隆夫(さいとう・たかお)略歴
【1870年~1949年】日本の政治家、弁護士。衆議院議員当選13回。内務政務次官、法制局長官などを歴任。戦前期に、弁舌により帝国議会で軍部やファシズムに抵抗したことで知られる。姓は「齋藤」とも記述する。1870年9月13日兵庫県豊岡市出石町中村で生まれる。東京専門学校(現・早稲田大学)行政科を首席で卒業。1895年に弁護士試験(現・司法試験)に合格。その後、アメリカのイェール大学法科大学院に留学し公法や政治学などを学ぶ。帰国後の1912年に立憲国民党より総選挙に出馬、初当選を果たした。享年79
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる