デヴィ・スカルノ 家族

デヴィ夫人の家系図・家族・子供



父親:根本兵七郎(麻布区霞町界隈の大工の棟梁)
母親:政子
実弟:八曾男(やそお)。母が亡くなった後、自殺した
きょうだいは他に、母は後妻で、先妻の子供3人(兄一人と姉2人)がいた


夫:インドネシアのスカルノ大統領
娘:カリナ(4ヶ国語を流暢に話す)
孫:フレデリック・キラン


■インドネシアに渡って数年は愛人の1人であったが、1962年にスカルノと正式に結婚。4人の夫人のうちの第3夫人になった

■政変後1970年パリに亡命。社交界で「東洋の真珠」とうたわれる

■1990年にニューヨークに移住、国連環境計画の特別顧問として活躍

■その後、日本に戻り、渋谷区松濤神山町に家を購入し住んだ


※参考文献『デヴィ・スカルノ回想記』


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
デヴィ夫人語録http://bit.ly/UpnR79


デヴィ・スカルノ略歴
タレント。インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人。旧名・日本名:根本七保子(ねもと・なおこ)、通称はデヴィ夫人。1940年(昭和15年)2月6日生まれ。現・東京都港区西麻布出身。父は霞町界隈の大工。中学を首席で卒業。貧しい家計を維持するため東京都立三田高等学校定時制部を中退後、赤坂の有名高級クラブで働く。19歳のときに、インドネシアへの開発援助に伴い「東日貿易の秘書」という名目で、スカルノ大統領のもとに送り込まれた。著書:『デヴィ スカルノ回想記』『言い過ぎて、ごめんあそばせ』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる