FC2ブログ

素野福次郎 家族

素野福次郎の家系・子供・子孫
(TDK株式会社3代目代長)



祖母:武藤家の女中頭
叔父:湯沢幸吉郎(国学者)
父:福三郎(水道工事店を営む)
母:千葉県の鶴舞の出身

妻:順(父親が鐘紡に勤務)

一人娘:英美(昭和24年生まれ)


■明治から大正へ年号が変わって1ヶ月もたたない大正元年8月、神戸で生まれた。筒井町という、阪急電車の終点の町でどちらかというと下町

■父親は職人で水道工事店を営んだ。河内の八尾出身で明治37、8年の日露戦争に従軍し203高地攻撃に決死隊として参加した。その功により勲8等功7級に叙せられた

■母親は結婚前に、津軽家の東京のお屋敷に行儀見習いに行き、その後、鐘紡の武藤山治社長のお宅で奉公をしていた。母方の祖母が武藤家の女中頭をしており、武藤夫人が母と同じ千葉県の鶴舞の出身というご縁があった

■素野は小さい頃から、武藤山治に可愛がられた



【参考文献】
『私の履歴書(経済人24)』


略歴
■素野福次郎(その・ふくじろう)
【1912年~2004年】日本の経営者。TDK株式会社3代目代長。バラ愛好家としても知られた。神戸高等工業学校を中退し、鐘淵紡績に入社。1937年に当時従業員4名だった東京電気化学工業(現TDK)に入社。1969年、社長に就任
スポンサーサイト



鈴木茂晴 家族

鈴木茂晴 家系・子供
(大和証券グループ本社CEO)



祖父:臨済宗円覚寺派の玉泉寺

父:信次(国鉄の技師)
母:玲子(横浜出身。旧姓も鈴木)

妻:祥子(大和証券営業本部にいた)

娘:鈴木凛(歌手・タレント)


■昭和22年(1947年)に岡山県で生まれる。団塊の世代のど真ん中で子供だらけであったという

■兄が早世しており、実質長男として育てられる。弟が2人、妹が1人いる

■父親・信次は横浜にある臨済宗円覚寺派のお寺、玉泉寺の次男

■母親・玲子も横浜の出身で旧姓も鈴木。鈴木同士の結婚だが、親戚同士であった

■4歳の頃、父が国鉄大阪工事局に転勤になり、京都の官舎に転居


【参考文献】
『私の履歴書(日経新聞2020年1月)』


略歴
■鈴木茂晴(すずき・しげはる)
日本の経営者。大和証券グループ本社取締役兼代表執行役社長CEO。大和証券代表取締役社長。日本証券業協会会長。慶應義塾評議員。1947年4月17日、岡山県で生まれる。京都府京都市出身。京都府立洛東高等学校卒業。慶應義塾大学経済学部卒業
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる