FC2ブログ

八谷泰造 家族

八谷泰造 家系・子供
(日本触媒の実質的創業者)



義兄:尾曽越文亮(解剖学の権威)

妻:智子(さとこ)9歳下

長女:道子
次女:真知子
長男:秀孝

※高杉良の実名小説『炎の経営者』による家族構成


■八谷(やたがい)は1906年12月14日に生まれた。広島県比婆郡山内東村(現・庄原市)出身

■自宅は西宮市の甲子園口にあった

■同郷(広島)の升田幸三(将棋棋士。実力制第四代名人)とは仲が良かった。升田に四枚落ちで相手をしてもらうが、八谷は一度も勝つことはなかったという

■同郷(広島)の永野重雄(新日本製鐵会長、経済同友会代表幹事、日本商工会議所会頭などを歴任)の後ろ盾を得ることに成功し、八谷は日本触媒を発展させることが出来た

■八谷(やたがい)は3人の子供には厳しかったらしい


参考文献『炎の経営者』(著者:高杉良)


略歴
■八谷泰造(やたがい・たいぞう)
【1906年~1970年】日本の技術者、実業家。日本触媒化学工業(現・日本触媒)第2代社長(実質の創業者)。高杉良の経済小説『炎の経営者』の主人公として実名で登場する日本の石油化学工業のパイオニア。広島県比婆郡山内東村(現・庄原市)出身
スポンサーサイト



(味の素)伊藤雅俊 家族

伊藤雅俊 家系・夫人・子供
(味の素12代社長)


父:福治(軍人。実家は農家)
母:ゆき

妻:岩瀬幸子(味の素で秘書)

子供:1男2女


■1947年9月12日、東京・中野の助産師に取り上げられる

■雅俊の名前の由来は、母の高等女学校の同級生に雅子さんという美人がいて『雅』の一字をもらい、運動の好きな父が俊敏な人になるようにと『俊』をつけた

■第2次世界大戦中に満州から一時帰国した軍人の父と、20歳になったばかりの母が見合いで出会った。終戦で父が引き揚げると、すぐに結婚した

■父の実家は農家だった

■母の実家は青梅で手広く雑貨問屋を営んだ。洋裁、料理、お琴にお茶。なんでもこなした。口癖は『人と同じでは駄目!』

■妻が味の素の創業家につながる鈴木忠雄専務の秘書をしていたことから、仲人は鈴木忠雄が務めた


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■伊藤雅俊(いとう・まさとし)
日本の経営者。味の素株式会社12代目社長。公益財団法人味の素食の文化センター理事長。1947年9月12日、東京・中野で生まれる。東京学芸大学付属小学校・中学校卒業。慶應義塾志木高等学校卒業。慶應義塾大学経済学部卒業。味の素株式会社入社。2009年、代表取締役社長最高経営責任者。2015年、代表取締役会長
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる