FC2ブログ

堀口ミイナ 家族

堀口ミイナ(美奈)家系
(タレント)



父:日本の外務省官僚
母:トルコ人


■トルコ共和国イズミル出身

■日本とトルコのハーフ

■日本人およびトルコ人、スペイン人、中国人などの血を引く

■日本語、トルコ語、英語、スペイン語、中国語の5言語を話す

■コンビニで働いた経験がある

■身長160cm

■堀口語録
「私が勝負服で真っ先に思いついたのが浴衣です。だって日本の文化って素敵じゃないですか」

「彼にカリフォルニア州のナパに連れてってもらいました。ワインの一大産地であるナパのワイナリーを巡って直接生産者のお話も聞けて大満足です」

「私はお酒はもちろん世界のお料理も大好きなんです。言葉がわかるとメニューが読めたりもするし、やっぱり入ってくる情報の数が違います。友達もグローバルになるので単純に視野が広がりますよね」



略歴
■堀口ミイナ(ほりぐち・みいな)
日本の女性タレント。1990年9月28日生まれ。トルコ共和国イズミル出身。イスタンブール・ インターナショナル・コミニュティ・スクール卒業。2013年に早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科卒業。三菱商事に勤めた。タレントとして活躍
スポンサーサイト



鍵山秀三郎 家族

鍵山秀三郎 家系・子供
(イエローハット創業者)


父:孝三郎
母:かなゑ

妻:一般人

子供:2人


■1933年8月18日、東京都千代田区に父、孝三郎、母、かなゑの元、三男二女の末っ子として生まれる

■両親は、恵まれない生い立ちから上京し、営々と努力を重ねた末、ようやく人並みの生活を送ることが出来るようになった

■しかし昭和20年3月の東京大空襲で、両親が築き上げた生活基盤は全て失う。行く当てもなく、岐阜県の山奥での疎開生活を余儀なくされる

■父親はそこで農家の人が見放した荒れ放題の畑を借りて農業に従事した

■母親は近隣農家の手伝い。過酷な重労働に一日中従事。手にする報酬はわずかにお米一升であったいう

■過酷な状況であったが、両親は愚痴をこぼすことはなく、5人の子供は、両親の愚痴を一度も聞いたことがなかったという

■鍵山は厳しい生活環境だったにもかかわらず、両親の生活態度にはうろたえるところがなく、与えられた環境の中で生き抜いた姿がいまでもまぶたから離れないという


※参考文献『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる―心を洗い、心を磨く生き方』


略歴
■鍵山秀三郎(かぎやま・ひでさぶろう)
日本の実業家。株式会社イエローハット創業者。創業以来続けている「掃除」が世間の評判を呼び、のちに掃除運動が内外に広がった。1933年8月18日、東京都千代田区で誕生

安斎隆 家族

安斎隆 家系・子供
(セブン銀行社長)



伯父:小説『和紙』のモデル
祖父:村長
祖母:大工仕事から裁縫までこなした

父:長保(農作業、養蚕、和紙作り)
母:ハル

妻:東京生まれの東京育ち

子供:あり


■1941年1月17日、6人きょうだいの3番目の次男として、福島県上川崎村(現二本松市上川崎)に生まれた

■生後すぐに肺炎にかかり、死にかけたが、母親の必死の看病もあり九死に一生を得た

■上川崎は阿武隈川に面した小村で、芥川賞を受賞した東野辺薫の著書『和紙』の舞台である

■『和紙』の小説には、母方の伯父をモデルとした、和紙の出荷をたばねる組合長、安斎保男が登場する

■妻の母は福島県二本松市出身で遠い親戚にあたる


※参考文献『日経新聞(私の履歴書)』


略歴
■安斎隆(あんざい・たかし)
日本の経営者。株式会社セブン銀行社長、日本長期信用銀行(現:新生銀行)頭取などを歴任。1941年1月17日、福島県で生まれる。東北大学法学部卒業、日本銀行入行。一時国有化された日本長期信用銀行(現:新生銀行)の頭取に就任し、2000年の譲渡実現まで破綻した銀行の処理に携わる。2001年4月、アイワイバンク銀行(現:セブン銀行)を設立し社長に就任
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる